2017シーズンの明治安田生命Jリーグが開幕し、約1ヶ月半が経過した。各クラブともまずは序盤戦の通信簿が出た頃だろう。

今シーズンから、試合中継の放送媒体がスポーツのライブストリーミングサービスの『DAZN(ダ・ゾーン)』へ替わった。開幕直後は多少混乱も見られたが現在は落ち着き、新たなサッカーライフを楽しんでいる人も多いのではないだろうか。

Jリーグ以外でもブンデスリーガやセリエAに加え、4月からリーガ・エスパニョーラの放映がスタートし、毎節最大5試合がライブ配信されている。

さらに、Jリーグの特集として、すでに定番化した毎節のプレビュー/レビューに加え、4月から様々な新企画が始まっている。

DAZN

一つはJ1・J2・J3のリーグ戦の放映において、複数の試合を同時に、かつ注目シーンだけを集めてライブ放映する番組コンテンツ「Jリーグ・ゾーン」だ。

いくつもの試合が同時に開催されている際、サポートしているチームの試合があればそれだけに集中することが多いに違いないが、そうでないときは複数の試合を適宜まわしながら(ザッピング)楽しんでいる方もいるはず。

今回新たに導入された「Jリーグ・ゾーン」は、Jリーグのライブ放映が2試合以上ある際に利用できるマルチ画面のライブ番組。『DAZN』でライブ放映している試合から、チャンスメイクシーンや、ゴールシーン、FKやPKなど、注目の場面を『DAZN』側で厳選、ライブザッピングした映像で試合を楽しむことができる。シーンの選定は、実はマニュアルで行われており、3人体制で常に白熱のシーンを見逃さないよう目を光らせている。

番組は、3つのライブ放映を行うマルチ画面、スタッツやSNS投稿内容を表示するサブ画面、各試合のスコアを表示するアンダーバーで構成。初回は4月2日(日)の13時、翌週は8日(土)14時から放送された。

今のところ一部時間帯のみだが、他チームの状況が気になるシーズン終盤などは特に盛り上がりそうだ。

ファンやサポーターをエキサイトさせる取り組みとしては、「#DAZNピッチサイド」も面白い。これは、ソーシャルメディア専門のスタッフが注目カードのピッチサイドから、サポーターの声援やウォーミングアップの様子、試合中の選手・監督の表情など、ピッチサイドならではの瞬間を動画で撮影し、SNSなどを通じてタイムリーに配信していくソーシャル企画である。

実際にいくつか紹介!

海外の有力クラブも昨今はこうした“ちょっとした裏側”の配信に力を入れている。「#DAZNピッチサイド」もサッカーファンなら気になるという場面が多く、Jリーグの魅力を発信する上でも有意義な取り組みだ。

【次ページ】日曜の特別な時間「サンデー・Jプライム」