ドルトムントとのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグが控えているモナコ。

直近のディジョン戦には2-1で逆転勝利。どちらのゴールもFWラダメル・ファルカオのフリーキックから生まれたものだった。

後半15分に投入されたファルカオ。後半24分に放ったフリーキックはバーを叩くも、MFナビル・ディラールが押し込みこれで同点。すると、後半36分には同じような位置から逆側に叩き込んでみせた。

巧みなフリーキックで逆転勝利の立役者となったファルカオは、今季リーグアンでの得点を18とした。

レオナルド・ジャルディン監督も「ファルカオはストライカーだ。我々に攻撃の質と効率性をもたらしてくれる」と絶賛。ドルトムント戦のキーマンのひとりになることは間違いない。