23日、『ウイニングイレブン2017』世界大会のアジア地域決勝が、日本サッカーのお膝元、JFAハウス(東京・本郷)内の日本サッカーミュージアムで開催された。

PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF

この大会、「PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF」は、KONAMIのオフィシャルパートナーである欧州サッカー連盟(UEFA)の協力のもとで開催されている、「ウイイレ」の世界一決定戦。

その中でもアジア地域決勝は、6月にUEFAチャンピオンズリーグ決勝と同じウェールズのカーディフで行われる決勝大会への出場2枠、さらに優勝賞金2万ドル(およそ220万円)をかけたビッグな大会だった。

PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF

大会の様子はYouTubeやTwitch、OPENREC.tv、Facebookなどで全世界に生中継されたほか、多くのメディアや関係者の姿も。e-Sportsに対する関心の高さが窺えた。

出場したのはこの10名。

■グループA
JK(香港)
Razak(マレーシア)
じょー(日本)
hulrestar(韓国)
シロー(日本)

■グループB
verysutton(香港)
Yunan(インドネシア)
ごんた(日本)
Leopard(韓国)
まやげか(日本)

前日22日に行われた日本代表決定戦を勝ち抜いた4名に、アジア他地域の代表6名を加えた計10名によるアジアの頂上決戦。まずは5人ずつに分かれてのグループステージが行われ、ベスト4の顔ぶれが決まった。

勝ち残ったのは、じょー、まやげか、シローの日本人3名。また唯一の外国勢として、グループステージで勝負強さを見せた韓国のLeopardが準決勝へ進出した。

カーディフで開催される決勝大会の出場枠は2。ということで、2戦合計で決着を付ける準決勝に勝利すれば、決勝大会行きが決まる。

その注目の試合の様子は、動画でご覧いただきたい。

1試合目は、じょー対Leopard(※対戦が頭出しされない場合は、4:20:50辺り~)。

1stレグはLeopardが3-2の逆転勝ち。しかし2ndレグでじょーが同点に追いつくと、最後はルイス・スアレスがまさかのスコーピオンシュート!(※5:02:45辺り~)

滅多に見られない超大技が決勝弾となり、じょーが5-4でLeopardを撃破。カーディフ行きの切符を掴んだ。

【次ページ】もう一つの準決勝は意外な展開…決勝はスゴイことに!