『The SUN』は17日、「マンチェスター・ユナイテッドは、ハメス・ロドリゲスとの契約に近づいてはいない」と報じた。

先日、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがマンチェスター・ユナイテッド入りに合意したという報道があった。

今後クラブ間の交渉が行われ、おそらく7500万ユーロ(およそ92.5億円)程度の価格で決着するのではないかという話だった。

しかし今回の報道によれば、マンチェスター・ユナイテッドはもともとハメスを最優先候補とはしていないのだという。

理由は、ジョゼ・モウリーニョ監督が自身のシステムにハメスがフィットできるかどうかがわからないと考えているためであるとのこと。

そして、モウリーニョ監督がハメスよりも優先して獲得を狙っているのは、ベルナルド・シウヴァ(モナコ)、そしてアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)なのであるという。

この両名の獲得に失敗した場合のみ、ハメスとの契約を検討することになるとのことだ。