ついにネイマールのPSG移籍が決定した。その違約金2億2200万ユーロ(およそ288.8億円)はカタールの政府系ファンドが用意したと言われ、国家が深く関わった取引となった。

世界的な人気を誇るサッカーにおいては、国家や政府、それに準ずる組織がスポーツの経営にかかわるケースは少なくない。

パリ・サンジェルマンのように、国家や自治体、あるいはサッカー協会自体が経営を行ったケースについてまとめてみよう。

パリ・サンジェルマン(フランス)

パリ・サンジェルマン カタール

もちろん今最も話題を集めているのはパリ・サンジェルマンだ。

オーナーはカタールの政府系投資ファンドであるQSI(カタール・スポーツ・インヴェストメンツ)。ネイマールの獲得資金もここから出ており、カタール国家自体が関与していることは間違いない。

会長のナースル・アル・ハライフィは、世界的放送局『BeIN Sports』(旧アルジャジーラ・スポーツ)の会長でもあり、経済的な面で他のリーグにも睨みを利かせている。

【次ページ】政府なのになぜ…