ついに現実となったネイマールのPSG移籍。

バルセロナが2.22億ユーロ(285.1億円)の資金をどう使って補強を行うのかに注目が集まっている。

ここでは、『Squawka』による「うまくいきそうなネイマール資金の4つの使い方」を見てみよう。

大物1人獲得:キリアン・エンバッペ(モナコFW)

キリアン・エンバッペ

ネイマールの退団は、“MSN”の解体も意味する。フットボール界の“チートコード”は、この3年間でバルサに多くの栄光をもたらし、欧州を席巻した。

さらに、ネイマールが抜けたことは、バルセロナの名声にとっても大きな痛手となる。キリアン・エンバッペを獲得することで、その名声と最強3トップを同時に取り戻すことができるはずだ。

一躍大ブレイクした驚異の18歳は4-3-3のワイドでプレーできる能力を持っている。

エンバッペはこの夏モナコからの退団を示唆したことで、数多のビッグクラブからの関心が寄せられた。だが、モナコの態度は毅然としている。1.8億ユーロ(234億円)という莫大な値札を付けているのだ。

この金額はほとんどのクラブが支払うことのできないものであり、候補は4つしか残されていない。バルセロナ、レアル・マドリー、PSG、そしてマンチェスター・シティだ。

そして、このなかでも巨額を投資できるのはネイマール退団で資金を得たバルセロナしかいない。その全てを投下すれば、モナコにオファーできる。

ネイマールを失ったばかりのバルサが、メッシとスアレスのための決定的なストライカーである次世代の大物を確保すれば、驚きのステートメントになるだろう。彼を獲得して、宿敵たちの未来(特にレアル・マドリー)を打ち砕くことになれば、ネイマールについての失態は忘れ去られるはずだ。

さらに、ネイマールが2014-15シーズンにやったように、エンバッペがすんなりバルサの3トップに馴染めば、クラブ史上2度目のトレブル達成もあり得るだろう。

このウィングフォワードの仕事はボックス内に侵入し、ゴールを奪うことだ。利他的なルイス・スアレスと、プレーメイカーとしての天賦の才をもったメッシに対する理想的な補完となる。

【次ページ】1クラブから3人強奪!