イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーは、「アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得した」と公式発表した。

なお、声明によれば今後メディカルチェックと労働許可証の取得に向けた動きがあるとのことで、まだ正式にトッテナムでプレーできることが決まったというわけでもない様子。

契約期間は2023年6月30日までの6年間となったようだ。

ダビンソン・サンチェスは昨季アヤックスの主力としてプレーしてきたセンターバックであるが、開幕戦はメンバーに入らず、移籍の可能性が高まっていると言われていた。

そして今回トッテナムはアヤックスから求められた4000万ポンド(およそ55.4億円)という移籍金に同意し、獲得を決めたという。

今夏ほとんど補強を行っていないトッテナムにとっては、初の主な新戦力である。さらに昨年のムサ・シソコに支払った3150万ポンド(およそ43.7億円)を超えるクラブレコードの移籍金ということで、大きな期待を集めそうだ。