J2でダントツの最下位に沈んでいるチームがある。ザスパクサツ群馬だ。今季は開幕から6連敗を喫するなど開幕から低迷している。途中連勝もあったが5月28日のアビスパ福岡戦を最後にリーグ戦で勝てておらず閉塞感が漂っている。

8月11日のカマタマーレ讃岐の試合では21位VS22位というJ3降格を争う直接対決であったがこの試合も勝てず、監督やフロントの責任問題に発展している。

かつて、ザスパクサツは深刻な経営難に陥っていた。Jリーグでは3季連続赤字になるとライセンスが剥奪となる。2季赤字だったザスパを救いJ1ライセンスを取得するまでに復活させたのが菅原宏GMである。

菅原宏GMとは何者か?

ここで問題になるのが菅原GMの経歴である。

ザスパクサツでGMになった時のプロフィールは以下のように書かれていた。

菅原 宏 取締役ゼネラルマネージャー(GM) プロフィール
■生年月日:1963年8月28日生まれ(51歳)
■最終学歴:1986年3月 足利工業大学土木工学科卒
■略歴:
1986年4月 池下工業(株) 入社
1987年5月 菅原土建(株) 入社
1999年4月 (株)菅原 代表取締役社長
2007年12月 (株)図南クラブ 代表取締役社長
2012年1月 一般社団法人tonanスポーツクラブ 代表理事
2014年2月 ㈱草津温泉フットボールクラブ 取締役クラブライセンス対策本部長
■主な公職:
一般社団法人 日本クラブユース連盟 地域理事 (2012年~)
関東クラブユース連盟 理事長 (2012年~)
一般社団法人 群馬県サッカー協会 専務理事 (2014年~)
前橋市サッカー協会 理事長 (1995年~)
前橋市体育協会 副会長

ザスパクサツ公式ホームページより

簡単にいうと前橋市のサッカーを発展させてきた人物である。

前橋商業高校で初の全国大会に出場した時のメンバーで、高校卒業後に現在のtonan前橋の前進である図南クラブを設立した。自身が稼業を継ぐために体育大学進学をあきらめたため前橋商業高校OBで構成されるチームを作ったというのが当初の目的であった。

一方、ザスパクサツも前橋商業、前橋育英が中心だった群馬県に誕生した初のJクラブがザスパ草津でありそうした流れの中で菅原宏GMは草津から群馬県へと展開を広げたザスパクサツ群馬のGMに2014年に就任した。だが、tonan前橋というチームで監督兼代表を務めてきた人物がJ2でGMも兼務するのはありなのか?という問題が指摘されている。

【次ページ】2チームで起こる選手移籍