インドで行われているU-17ワールドカップは決勝トーナメントに突入。

グループステージをなんとか突破することに成功した日本代表は、このベスト16で強豪イングランド代表と対戦することになった。

フランス戦、そしてニューカレドニア戦と芳しくない内容に終わってしまった日本であるが、この「本番」でいい立ち上がりを見せる。

4分には左サイドからカットインした上月が惜しいシュートを放ち、イングランドを脅かした。

日本の攻撃陣はこの試合に向けてスピードを重視してきたようで、前にボールが入ればデュエルに持ち込まれる前にパスを出し、こちらから動かしていく展開を狙う。

ぶつかり合いに持ち込まれることを避けながらの仕掛けが出来ており、ネットを揺らす可能性が感じられるものだった。

しかし一方で厳しかったのは後方だ。後ろで時間をかけてボールを繋ごうとすれば、中盤に縦パスが入るところが読まれてしまう。

そしてドリブルでの仕掛けやキープが始まってしまうと、フォデンのキープやブリュースターのスピードなどをなかなか止められない。

その中でもなんとか失点を逃れることに成功した日本であったが、後半も厳しい展開は変わらなかった。

イングランドは個人の能力で上回っていることを生かし、どんどんドリブルの仕掛けと飛び出しで押し込んでくる。

ただ、その一方で日本がボランチにボールを入れたところで奪われることは少なくなった。そして、攻め込んでくるイングランドのシュートはことごとく外れ、日本に運も味方した。

これなら一泡吹かせられるチャンスはあるのではないか…。そう思ったかどうかは分からないが、終盤は日本が攻勢になる場面が増加。

足が止まり始めてオープンになってきた相手の守備を早いパスで外し、チャンスを見出していった。一方、イングランドもボランチを二枚替えし、12番のカーバイを中心として運動量を加える。

両者攻撃に可能性を見出す展開ではあったが、どちらもネットを揺らすことは出来ず、勝負はPK戦へと持ち込まれた。

イングランドと日本が2名ずつ連続成功し、勝負が動いたのは3人目。フォデンが左に決めたあと、日本は喜田がGKに止められてしまう。そしてイングランドはこのまま5人目まで連続成功し、スコアは5-3に。日本は5人目を待たずして、ベスト16で大会を去ることが決定した。